ジャガイモの植付け方は地域や農家によって様々。種イモを土に埋めるだけで簡単そうな栽培だが中々奥が深いジャガイモです。植付けの時に土が湿り過ぎでは発芽も生育も悪く土の状態を選びます。また芽が出てから遅霜にあたると一旦枯れてしまうので注意が必要です。遅霜に当たらない為には遅く植付けた方が良いのですが、遅すぎると収穫量が少なくなります。今年は昨年より9日間早く、昨年同様の方法深植えマルチで2種類キタアカリとグラウンドペチカを植付けました。種イモを深く植付けてビニールマルチを張ることで土寄せ作業なし草取り作業なしの栽培方法です。この栽培方法では芽出しと言って種イモをちょっとだけ芽を出させてから植えると上手くいくように思います。種イモの大きいものは半分に切って2日間ほど断面を乾燥させてから、植付けます。今年のジャガイモどうなるでしょうか。

2017/3/11 晴れ 時々 曇 10℃/0℃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください