新年あけましておめでとうございます。おまかせ野菜セットのお客様には「8〜12品目のお野菜」と「毎月1回発行のわだファーム通信」をお入れしています。わだファームの野菜状況やわだファームニュースなど少しばかりの記事ですが、どんなところで野菜が育っている?何を思い野菜を栽培している?ご報告などを写真と共にお伝えしています。

それに対して年に数回しか更新しないBLOG記事ですが、皆さまのんびりお付合いください。

今年は暖冬ということで大阪のシベリア!?と呼ばれている豊能町でも暖かい日が多く雪が降る日も少なく、積雪もまだありません。日中は暖冬の影響で暖かい日が多くて農作業は助かりますが朝晩の冷え込みはしっかりあって氷点下の朝が多いのです(さすが大阪のシベリア!?)。12月前半から朝は寒く霜が降りる日が多く土から出ている野菜は凍ります。春から霜が降りるまでは早朝の仕事だった収穫作業、冬のあいだは昼からの仕事になります。年明けのこの時期は畑の土に種を蒔いたり苗を植えたりの仕事はないので、夏から秋の栽培したほ場の片付け、伸びた草の草刈り、片付けた後をトラクターをかけたりと春の準備作業が続きます。下の写真は12月に撤去した夏野菜ナスです。ナスなどは野菜というかナスの木になるので寒さで木を弱くしてから土から抜き乾燥させて畑で草と共に燃やします。その燃やした灰も漉き込み土に返していきます。

2020年始まり、さらに農地拡大を考えています。闇雲に周辺農地が空いているから農地を借りることは昨年まで。畑の移動時間短縮や効率を考えていかなければならない時期に来ました。今年からはできる限り農地を集約して固まりで借りることが重要です。またできる限り山際より平地に近い場所に借りることができるようにと思っています。今年も皆さまよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください